puolukka mill : knit and favorite things
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
春の色、夏の色






まだまだ寒い毎日ですが、
日差しに春を感じる日も多くなりました。

むくむくと、春夏もののサンプルを編みたくなってきた今日この頃。
近所の大山崎山荘美術館の展示‘志村ふくみー源泉をたどる’を見てきました。

志村ふくみさんは草木染めで染めた糸を織られます。
展示では着物に仕立てられた作品を多く見ることができますが、
ワタシがずっと立ち止まってしまったのは、
織り地の切れ端を集めた‘小裂帖’。
和の雰囲気のものが多いのですが、
スコットランドのタータン地のようにも見える織り地の数々。
とてもモダンでした。

印象に残ったことは、
ほとんどの作品が平織りで織られているということ。
平織りというのは一番基本的な織り方で、
一番シンプルということは、上手い下手が顕著に現れるということ。
その平織りで作品を作り続けるということがどういうことか。
ぴりっと背筋が伸びた気がしました。

これは編み物にも言えることで、
編み物でいうメリヤス編みは一番基本的な編み方ですが、
シンプルゆえに、編み手の上手い下手が一番目立つと言われています。
いろいろな編み方ができる編み手も、
総メリヤス編みで編むことは、基本的な力を見られるということ。
おのずとぴりっと背筋が伸びる気がします。

ワタシは結構はっきりとした色が好きなので、
草木染めはあまり・・と今まで思っていましたが、
志村ふくみさんの染めはとてもビビットなものもあり、
草木染めのふんわりした色というイメージを覆しました。

本当に綺麗な色がたくさん。
最近、春夏に向けて綺麗な色が見たい、
そう思っていたので、とてもよかったです。





展示を訪れた日の朝、ちょうど編み出した春夏もの。
これからたくさんの光、色を感じて。
春夏もの、始動です。



志村ふくみー源泉をたどる
3月15日までです。









関連記事









2015⁄02⁄13(Fri) 23:22   美術館 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

puolukka

Author:puolukka
日本のスコットランド、
山崎在住。
編み物教室始めました。
プオルッカさんの編み物教室
ただいま、生徒さん募集中!
編み物に興味のある方、編み物が大好きな方、是非教室にいらしてください!

puo 本棚

月別アーカイブ

Think Of JAPAN While Knitting

Blog Parts

カウンター

↑Top



Copyright © 2017 プオルッカさんのハンドメイド工場. All Rights Reserved.

まとめ  Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。