FC2ブログ

プオルッカさんのハンドメイド工場

puolukka mill : knit and favorite things

雨宿り


PA0_0642.jpg







昨日は資格クラスの日でした。

セミプロ1作目アフガン編みのベストは、
あと縁編みだけ・・というところで糸が切れ、
糸待ち・・。

次の作品は、かぎ針編みのカーディガンです。
イメージは、レトロおばあちゃんカーディガンですが、
どうなるでしょうね~?
糸はオレンジのアルパカ100%。
弾力があって、編みやすいです。

昨日の帰りは土砂降りの雨。
傘を持っていなかったので、
駅でやむまで雨宿り。

なかなかやまないので、
朝ご飯用に買っていたあんぱんを食べちゃいました。
水筒のお茶もずずず。
それでもやまないので、少し編み進めました。
駅の待合室。意外とくつろげました。

針1本と糸で、どこでもできるって、
編み物ってやっぱりすごいな~と、
ざんざん降る雨を眺めながら、
編み編み編み・・・。






スポンサーサイト



ポッケの誘惑

PA0_0547.jpg



先日のアブリルレッスン。

ポッケの付け方を習いました。
習いました、といっても、
とっても簡単!(今のところは)

ポッケを付けたい場所を製図に描きたし、
目数、段数を計算。
その部分に来たら、他の糸で編み、
編み終わったら、編み目を左の針に戻し、
その、他の糸で編んだ部分を、
地糸でもう一度編みます。
そしてそのまま、
何もなかったように、進む。

なんのこっちゃ、かもしれませんが、
これ、すごい簡単。
なんだか楽しくて、
いっぱい、いっぱい、ポッケを作りたくなります。
ポッケの誘惑。

ポッケの位置は、
先生いはく、

フィーリング。

私は、こういうところは変に几帳面で、
高さがなんぼで、
幅が・・とか、
ごにょごにょしてしまうのですが、
先生いはく、

フィーリング。

ということで、フィーリングで、
製図にざっと、線を引く。

フィーリングで、
右の前見頃には、
2つ付ける事にしました。

左は、1つにしようかな。
これもフィーリング。

先生いはく、
ポッケ部分を編んでいくのは、
ちょっと難しいとの事。
簡単なのは、ここまでの予感。。。



PA0_0546.jpg資格クラスが終わったあとの、
誘惑。

高槻の駅前にある、
たいやき屋さんでは、
鳴門金時たいやきが
売っています。

やめられまへん・・。
ほぼ毎回、買ってしまう・・。















まえ、うしろ

CIMG1758_convert_20100609215038.jpg



資格クラスの課題、
ラグランのカーディガン。

前見頃を交互に編んでいます。
後ろ見頃は袖下まで完成。

ずんずんと。
編み進む。

最初に試しで買った糸は、
黒、ピンク、白、でしたが、
黒の在庫がなかったため、
メインは、紺色にしました。
黒より柔かで、良い感じ。

4月、最初に編み始めた課題のスカートは、
あと、ベルト部分を残すのみ。
そろそろ完成です。

履いて写真取れるかな。
暑すぎるかな・・。



夢の

CIMG1756_convert_20100609215100.jpg




あれよあれよと、
6月になりました。

5月のGW以降、
少し生活スタイルが変わり、
時間的には余裕をいただいたはずなのに。

そのスタイルに慣れること、
そのスタイルを生かすこと、、

いろいろ考えていると、
6月になりました。

そして出た結論。

編みましょう。

ということで、
高槻の資格クラスに通うと同時に、
今日から、アブリルにも通うことにしました。

アブリルでは資格クラスの他に、
チケット制の普通クラスもあります。
先生は資格クラスと同じ、田守先生。
4枚綴りで購入するチケットは、
2ヶ月の間に消費すればよいそうです。

これなら2ヶ月後、もし忙しくなってたら、
またそのときどうするか考えればよいか、と、
あまりいろいろ考えず、一歩踏み出すことにしました。
(いろいろ考えるたちなのです・・ぶつぶつ)

好きなものを編んでよい、ということで、
私は袖付けの練習がしたい!と、
ボレロを編むことにしました。

今日は糸を選び、製図。

糸は、リネンとコットン×ポリの2本取り。
製図についても先生にいろいろと質問できたし、
去年通っていた資格クラスよりもゆったりとした感じで、
このクラス、とても気に入りました。

なにより。
久しぶりのアブリルの糸は、
やはりとてもかわいくて、わくわくわく。

夢の、ダブルスクールです。








羊と牧羊犬と

PA0_0540.jpg



先日の授業には、
腰の部分まで編めたスカートを持参。
そこからベルト部分に向かって、
曲線にするために、更に目を減らします。
そのやり方を先生に確認。

編むのは宿題。

ここが編めたら、
あとは、ベルトのあたりなど、
また、後ろスカートは、
腰の部分にまちができる(=引き返し編み要)ので、
その部分も先生と一緒にする予定。

おお、もうすぐできますね~。

ということで、
スカートも終盤にさしかかり、
次の課題の準備も。

次は、ラグランです。
スタンダードの時に編んだのは、
ネックから編むラグランセーターでしたが、
今度は、裾から編むラグランです。
前は、既存の製図で(数字だけ変えて)編みましたが、
今度は、製図もします。

まずは本を見て、大体の形を選びます。

迷います。

いろいろ本を見ていると、
北欧のセーター特集があったりして、
熟読。(全くラグランと関係なし。)
迷い過ぎ、でした。

なかなか、ピンとくるものがなく、
ピンとくるものは、すごくシンプルなもので・・。
先生曰く、
勉強になるので、
編込みとか、縄編みとか、
何か入っている方がよい、とのこと。

で、迷いに迷って、
結局、襟がついている、
ラグランのカーディガンを選びました。
本では、全体は茶色のツイードで、
薄いベージュの模様入りでしたが、
私は、アレンジ、しますよ~。



PA0_0539.jpg帰ってきて、
どんな模様にしようか~
本を探り探り、
こんな感じにしようかなと、
試し編み。(上は模様なし)
これは、下田直子さんの本より。
本では、刺繍でしたが、
編めるかな、と思って、
編んでみました。
編めましたが、色が3色なので、
糸の始末が
たくさん出てきます・・。
どうなんやろう・・。
始末、
飽きずにできるのか、私。







糸は、パピーの、
SHETLAND という糸です。
この糸は、前から試してみたいな~と
思っていた糸。
毛糸はシーズンオフだからか、
お店にはあまり色がなく、
とりあえず、3色チョイス。
試しに・・と思って選んだけれど、
この色でいいな~と思っています。



PA0_0541.jpgジャケには、
羊と、
牧羊犬のボーダーコリー。

ボーダーコリー。
一番好きな犬です。